Mac

【Mac】SafariでTwitterが開かない場合の対処方法

私はMacBook(ブラウザ:Safari)を使用しているのですが、ときどきツイッターを開けなくなります。

スマホやWindowsのパソコンからは見えるのに、何でMacだけダメなの…?

と困っていたのですが、ある方法で簡単に解決しました

そこで今回は、『MacBook(Safari)でツイッターが開けない時の対処方法』をご紹介します。

私のPCの症状

私のMacBookの症状は以下の通り。

  • Safariは起動できる。
  • ブックマークしたツイッターが開けない。
  • GoogleやYahooなどで検索はできる。
  • ニュースサイトなどは普通に見れる。
  • ブックマークしたツイッターを開こうとすると無応答になる。
  • GoogleからTwitterを検索して開いても無応答になる。
  • PCを再起動しても効果なし。

 

原因

詳細な原因は不明ですが、どうやらSafariの履歴数が多いとTwitterが開けなくなるようです。

私はSafariの履歴を消去することで対処できました。

 


対処方法(Safariの履歴消去)

Safariの履歴消去の具体的な方法をご紹介します。

まず、Safariを起動します。

その後、「履歴」メニューにある「履歴を消去」を選択します。

Safariの履歴消去メニュー2

 

「履歴を消去」を選択すると、消去の対象となる期間を聞かれるので選びましょう。

すべての履歴」を選択すれば確実ですが、「直近1時間」や「今日」でもOKです。

消去する履歴の期間

 

これで履歴の消去が完了です。

確認のために「履歴」メニューにある「履歴を消去」を選択してみましょう。

消去された履歴

このように履歴がなければ削除完了です。

ツイッターを開いてみてください。

きっと開けるようになっているはずです!

 

履歴の消去の注意事項

その名の通り履歴が消える

履歴の消去を行うと、その名の通りこれまで参照してきたWebページのアクセス履歴が消去されます

さっき見てたサイト、どこだっけ、履歴から探してみよ…

ということができなくなるので注意です。

 

ログイン情報が消える

Webブラウザによっては、ログインが必要となるサイト(AmazonやTwitterなど)でログインを行なったときのIDやパスワードを記憶してくれます。

これにより次回以降はID/パスワードを入力せずにアクセスすることができるのです。

しかし、履歴の消去によってこれらのログイン情報も消去されます

次回アクセス時は再度ID/パスワードを入力しなければならないので注意です。

 


まとめ

MacBook(Safari)でツイッターが開けなくなった時の対処方法』をまとめます。

対処方法
  • Safariの履歴を消去する

意外と簡単に解決できるので、同じ現象に悩まされている方はぜひお試しください!

ABOUT ME
フメイ
私の体験談や気になって調べたことを発信していきます。