MENU

【Excel】アスタリスク(*)を検索したり文字列として扱う方法(エスケープ)

【Excel】アスタリスクを検索したり文字列として扱う方法(エスケープ)_サムネ

エクセルを使用しているときに、アスタリスク(*)を検索したり文字列として扱いたいと思ったことはありませんか?

具体的には、COUNTIF関数などでアスタリスクを検索したいのに、ワイルドカードとして扱われて困ったことはありませんか?

アスタリスクはエスケープ処理することで文字列として扱うことが可能です。

この記事では、『エクセルでのアスタリスク(*)を検索したり文字列として扱う方法(エスケープ方法)』をご紹介します。

スポンサーリンク
Contents

アスタリスクのエスケープ方法

アスタリスクの前に半角チルダ(~)を付けることで、アスタリスクをワイルドカードではなく文字列として扱うことができます。

キーボードによって異なるかもしれませんが、私のキーボードだとイコール(=)の右、ひらがなの「へ」のキーでチルダを入力できます。

▲目次へ戻る

エスケープ(アスタリスク)の具体例

具体例1:COUNTIF関数でアスタリスクの数を数える

アスタリスクエスケープの具体例1

上記の例では、D1セルに以下の式が入力されています。

=COUNTIF(A2:A6,"~*")

A2〜A6セルの中で、セルに「*」と入力されているもののみをカウントします。

「あ*う」や「***」などはカウントされません。

具体例2:SUMIF関数でアスタリスクをつけた項目以外を集計する

アスタリスクエスケープの具体例2

上記の例では、E1セルに以下の式が入力されています。

=SUMIF(A2:A6,"<>~*",B2:B6)

B2〜B6セルの合計値を計算します。

ただし、A2〜A6セルに「*」が入力されている項目は集計から除外します。

▲目次へ戻る

まとめ

アスタリスクの前に半角チルダ(~)を付けることで、アスタリスクをワイルドカードではなく文字列として扱うことができます。

具体例方法
アスタリスクの数をカウント=COUNTIF(<範囲>,"~*")
アスタリスク付与項目以外を集計=SUMIF(<アスタリスクの範囲>,"<>~*",<範囲>)

▲目次へ戻る

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,508 (2022/12/08 18:51:49時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!