MENU

【Excel】数値の四捨五入・切り上げ・切り捨てを行える関数【ROUND・ROUNDUP・ROUNDDOWN】

【Excel】四捨五入・切り上げ・切り捨てを行える関数【ROUND関数・ROUNDUP関数・ROUNDDOWN関数】_サムネ

Excelで数値データを扱っているとよく小数点以下を四捨五入したり、切り上げたり、切り捨てたりしたいと思うことがあります。

これらは関数を使用することで簡単に行えます。

今回は、『関数で数値を四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法(ROUND関数・ROUNDUP関数・ROUNDDOWN関数)』についてご紹介します。

スポンサーリンク
Contents

四捨五入する方法(ROUND関数)

関数の使い方

【関数】
ROUND(数値,桁数)

引数指定内容
数値四捨五入したい数値を指定
桁数四捨五入後に残したい小数点以下の桁数を指定

「桁数」には四捨五入をした後に残したい小数点以下の桁数を指定します。

0を指定すると小数第一位が四捨五入されて整数値になります。

1を指定すると小数第二位が四捨五入されて小数点以下の桁数が1になります。

2を指定すると小数第三位が四捨五入されて小数点以下の桁数が2になります。

また、少しイレギュラーかもしれませんが、桁数にはマイナス値も指定できます。

-1を指定すると整数の一の位が四捨五入されます。

-2を指定すると整数の十の位が四捨五入されます。

関数の使用例

数式結果
ROUND(13.547,0)14
ROUND(13.547,1)13.5
ROUND(13.547,2)13.55
ROUND(13.547,-1)10
ROUND(13.547,-2)0

▲目次へ戻る

切り上げする方法(ROUNDUP関数)

関数の使い方

【関数】
ROUNDUP(数値,桁数)

引数指定内容
数値切り上げしたい数値を指定
桁数切り上げ後に残したい小数点以下の桁数を指定

「桁数」には切り上げした後に残したい小数点以下の桁数を指定します。

0を指定すると小数第一位が切り上げられて整数値になります。

1を指定すると小数第二位が切り上げられて小数点以下の桁数が1になります。

2を指定すると小数第三位が切り上げられて小数点以下の桁数が2になります。

また、少しイレギュラーかもしれませんが、桁数にはマイナス値も指定できます。

-1を指定すると整数の一の位が切り上げられます。

-2を指定すると整数の十の位が切り上げられます。

関数の使用例

数式結果
ROUNDUP(13.547,0)14
ROUNDUP(13.547,1)13.6
ROUNDUP(13.547,2)13.55
ROUNDUP(13.547,-1)20
ROUNDUP(13.547,-2)100

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

切り捨てする方法(ROUNDDOWN関数)

関数の使い方

【関数】
ROUNDDOWN(数値,桁数)

引数指定内容
数値切り捨てしたい数値を指定
桁数切り捨て後に残したい小数点以下の桁数を指定

「桁数」には切り捨てした後に残したい小数点以下の桁数を指定します。

0を指定すると小数第一位が切り捨てられて整数値になります。

1を指定すると小数第二位が切り捨てられて小数点以下の桁数が1になります。

2を指定すると小数第三位が切り捨てられて小数点以下の桁数が2になります。

また、少しイレギュラーかもしれませんが、桁数にはマイナス値も指定できます。

-1を指定すると整数の一の位が切り捨てられます。

-2を指定すると整数の十の位が切り捨てられます。

関数の使用例

数式結果
ROUNDDOWN(13.547,0)13
ROUNDDOWN(13.547,1)13.5
ROUNDDOWN(13.547,2)13.54
ROUNDDOWN(13.547,-1)10
ROUNDDOWN(13.547,-2)0

▲目次へ戻る

まとめ

関数で数値を四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法(ROUND関数・ROUNDUP関数・ROUNDDOWN関数)』をまとめます。

数値関数
四捨五入ROUND関数
切り上げROUNDUP関数
切り捨てROUNDDOWN関数

数値を扱う際はよくお世話になる関数だと思います。

すごく便利な機能なので、Excelをよく使う方は覚えておくといいかもです!

▲目次へ戻る

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,508 (2022/08/14 09:27:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!