MENU

【Excel】簡単に作れる!パレート図の作成方法

QC7つ道具の1つ「パレート図」はExcelで簡単に作成できます。

今回は、『パレート図の作成方法』についてご紹介します。

スポンサーリンク
Contents

Excel2016以降を使用している場合

Excel2016以降にはパレート図のグラフ作成メニューが実装されています。

この機能を使用することで簡単に作成できます。

なお、Excel2013以前には実装されていないため、別の手段で作成する必要があります。

STEP
パレート図のベースとなる表を作成

表ヘッダー付きで作成します。

STEP
パレート図の対象となるデータを選択

表ヘッダーも含めて選択します。

STEP
パレート図を作成

[挿入]タブ→[ヒストグラム]→[パレート図]

1.パレート図のベースとなる表を作成

パレート図で表現したい表を作成します。

表ヘッダー付きで作成します。

パレート図のベースとなるデータ

2.パレート図の対象となるデータを選択

パレート図を作るときに使用するデータの範囲を選択します。

表のヘッダーも含めて選択しましょう。

パレート図の対象となるデータをすべて範囲指定

3.パレート図を作成

パレート図を作るメニューを選択します。

[挿入]タブ→[ヒストグラム]→[パレート図]

Excel2013以前はこのメニューはありません。

挿入タブのグラフからパレート図を選択

このメニューを選択すると以下のグラフが作成されます。

これが「パレート図」です。

作成されたパレート図

棒グラフの幅はデフォルト0%になっています。

棒グラフの幅は変更可能です。好みに合わせて変更しましょう。

棒グラフを選択→右クリック→データ系列の書式設定→要素の間隔

棒グラフの幅を変更する

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

Excel2013を使用している場合

後日追記します。

▲目次へ戻る

まとめ

パレート図の作成方法』をまとめます。

STEP
パレート図のベースとなる表を作成

表ヘッダー付きで作成します。

STEP
パレート図の対象となるデータを選択

表ヘッダーも含めて選択します。

STEP
パレート図を作成

[挿入]タブ→[ヒストグラム]→[パレート図]

▲目次へ戻る

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,508 (2022/08/14 09:27:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!