Mac

【Mac】デスクトップ画面に消えないアイコンが残ったときの削除方法

Macを使っていると時々「デスクトップ画面に消したはずのアイコンが残って消えない」現象が発生します。

この現象が発生すると消えないアイコンは常に一番上に表示されるんです。

Finderやブラウザを開いたときにアイコンが隠れずに表示されてしまうのです。見づらい。。。

 

私はこの現象が発生したら毎回パソコンを再起動させていました。

でも作業中に発生すると再起動させることができません。

なのでどうしたものかと調べてみたらなんと削除する方法があるじゃないですか!

そこで今回は、Macを使っているとときどき発生する『デスクトップ画面に消したはずのアイコンが残って消えない・削除できない現象の対処方法』をご紹介します。

現象

デスクトップに消えずに残ったアイコン

私のPCで発生する現象はこのような感じです。

これ、元はデスクトップに配置したアイコンだったのですが、実はすでにデスクトップから削除したアイコンなんです。

削除したはずなのに、なぜかいつまでもそこに居座り続けます。

クリックしてもドラッグしても選択することができません。

ゴミとして表示が残った状態になっています。

 

このアイコンのような画像はデスクトップ画面では常に一番上に表示されます

ブラウザやFinderをこの上に置くと、アイコンは隠れずに表示されるんですよ。

邪魔で邪魔で仕方がない…。

 

対処方法の概要

アイコンが残る現象は防げない模様。

しかし、残った時に削除する方法はあります。

削除手順は以下の通り。

  1. ターミナルを開く。
  2. 以下のコマンドを実行する。

$ killall Finder

 


具体的な対処手順

現象が発生したときの具体的な対策手順をご紹介します。

アイコンが残ったときはアプリ「ターミナル」を開き、「killall Finder」と入力します。

killall_finderコマンド実行画面

 

入力後、エンターキーを押すと、一瞬画面がちらついた後、アイコンが消えます。

killall_finderコマンドで消えたアイコン

 

それでも消えない場合はPCの再起動を

上記の対処方法でアイコンが消えない場合は、PCを再起動させてみてください。

私はまだ「killall Finder」で消えない現象には出会っていませんが、再起動は何もかもを綺麗な状態に戻すことができるので、一度試してみることをおすすめします。

 


まとめ

Macを使っているとときどき発生する『デスクトップ画面に消したはずのアイコンが残って消えない現象の対処方法』をまとめます。

対処方法
  1. アプリ「ターミナル」を開く
  2. コマンド「killall Finder」を実行する

 

この方法であればパソコンを再起動する必要がありませんので、なにか作業中でもアイコンを消すことができます!

Macユーザーなら絶対に覚えておくべき豆知識ですね!

ABOUT ME
フメイ
私の体験談や気になって調べたことを発信していきます。