Excel

【Excel】見た目スッキリ!#N/Aエラーを表示しない方法

エクセルを使用しているときに、数式の結果が「#N/A」になったことはありませんか?

これは数式のエラーを示しているのですが、どうせエラーになるなら非表示(空白)にしたり、0など他の文字を表示したいと思ったことはありませんか?

実は、これらは数式を一つ使うだけで解決できちゃうんです!

この記事では、『エクセルでの数式の結果が「#N/A」になったときの対処方法(表示しない・別の文字に置き換える)』をご紹介します。

#N/Aエラーとは

#N/Aエラーは、上記画像の赤枠で囲んだ現象のことです。

 

#N/Aエラーの原因

N/Aは「該当なし(not applicable)」または「利用できない(not available)」を意味します。

Excelでは主に「vlookup関数」を使用する場合に出力されるエラーです。

上記の例の場合だと、VLOOKUP関数でIDに対応する名前を検索しています。

存在するIDと名前の対応は以下の通り。

ID 名前
id001 佐藤一郎
id002 鈴木花子
id003 山田三郎

id001~id003まではそれぞれ名前があるので、VLOOKUP関数で検索して表示できます。

しかし、id004は対応する名前がありません

そのため、VLOOKUP関数で検索した際に該当なし・利用できないという意味で「#N/Aエラー」となります。

 


対処方法

#N/Aエラーとなったとき、「#N/A」を非表示にしたり、他の文字に置き換えることができます。

具体的には「IFERROR関数」を使用します。

IFERROR関数は、数式がエラーになったときに表示する値を設定できます

引数は2つあり、1つ目にVLOOKUP関数を、2つ目にエラーになった場合に表示する値を指定します。

#N/Aを非表示にする(空白にする)

【数式】

=IFERROR(VLOOKUP(“id004”,B7:E9,2,FALSE),“”)

上記の例だと、#N/Aになった場合に何も表示されません。(#N/Aを表示しない)

NAエラーを非表示2

 

#N/Aの代わりに別の文字列を表示する

【数式】

=IFERROR(VLOOKUP(“id004”,B7:E9,2,FALSE),“エラー”)

上記の例だと、#N/Aになった場合に「エラー」と表示します。

第二引数の「”エラー”」の部分を置き換えることで好きな文字を表示できます。

NAエラーの代わりに別の文字を表示

 

まとめ

エクセルでの数式の結果が「#N/A」になったときの対処方法(表示しない・別の文字を表示する)』についてまとめます。

#N/Aとなった場合は、IFERROR関数で表示内容を変更しましょう。

表示しない =IFERROR(VLOOKUP(<検索条件>),“”)
別の文字を表示 =IFERROR(VLOOKUP(<検索条件>),“エラー”)

VLOOKUP関数を使う際は、IFERROR関数もセットで使うとよいでしょう。

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,508
(2022/05/17 22:05:29時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
フメイ
私の体験談や気になって調べたことを発信していきます。